4月19日(木)晴れのちくもり ひとこと日記

  4月に入り、少し春らしくなってきたウィスラー。 ウィスラー山のオープンも4/22まで、その後はブラッコム山のみのオープンとなります。

 以前ブログでもご紹介した通り、ウィスラーブラッコムでは、66億円をかけたプロジェクトが計画されており、その計画の一つが、ブラッコムベースからブラッコムの8合目まで、10人乗りのゴンドラを新しく設置するというもの。 そのため、今年の春と夏の間は、ウィザードエクスプレスとソーラーコースターの使用が出来なくなります。

 春シーズン中滑れるエリアはコチラで案内していますので、春にお越しの方は要チェック。 ソーラーコースターエクスプレス周辺がクローズとなる代わりに、グレーシャーエリア、クリスタルエリアが滑走できるので、滑走可能エリアとしては例年よりも広くなりそうです。 今年は春のシーズンパスが無い代わりに、10日間滑れるチケットの販売が決まりましたので、コチラも合わせてご確認下さい。 夏のゴンドラ観光エリアについては、次回ご案内いたします!
(Y.N2.)

4月19日(木) 今日の一枚

山麓は春らしくなってきましたが、
ビレッジまでまだ余裕で滑れます!
<11:15am 撮影>

4月18日(水)晴れ時々くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain: 新雪3cmとのことでしたが、アルパインエリアのボウル内は雪が吹き溜まり、膝まであるのではないかという深さのパウダースノーを楽しむことができました。 気温は−5℃以下が保たれていたため、雪質は思っていたよりも軽め。 対し、山の中腹からはシャバシャバの春雪に変わります。 それでもまだ麓まで滑り降りてくるのに十分な雪量があります。 ウィスラー山は今週末でスノーシーズン終了ですので、来週からはブラッコム山のみの営業となります。
(M.Y.)

4月18日(水) 今日の一枚

山頂付近はまだまだ冬景色!
<12:30pm 撮影>

4月17日(火)くもりのち雨 ひとこと日記

  ウィスラー市内には5軒以上のスーパーマーケットがありますが、私が良く利用するのがここ、ファンクション・ジャンクションにある「オリーブス・マーケット」。 家から近いからと言うのもありますが、扱っている生鮮食品は全てオーガニックで、スーパーフードとして知られているチアシードや、ヘンプシード、グルテンフリーのパンや焼き菓子等々、美味しくて健康志向の商品が豊富です。

 木目を基調とした店内には、カフェも併設されていますので、店内で調理した出来立てほやほやのパンや、クッキーと一緒にコーヒー等も楽しめます。 お店に訪れる人は地元民が多く、店員さんと親し気に立ち話している様なアットホームな雰囲気。 賑やかなビレッジも良いですけれど、こういったローカル店で買い物を楽しむのもアリかと思います。
(S.K.)

4月17日(火) 今日の一枚

水芭蕉の花が咲き始めた麓のトレイル
<1:00pm 撮影>

4月16日(月)くもり ひとこと日記

  近頃、麓の気温はずいぶんと暖かくなってきたので、晴れた日はポカポカとして気持ちよくなってきました。 これからの季節は芝生も整備されてくるので、オリンピック広場やレイクサイドなど外でランチを食べるのも一つの楽しみ。

 そして、そんな時に活躍するのがテイクアウト。 特にHunter Gatherのサンドイッチはボリュームもあり、付け合せにグリーンサラダを選べば、バランスの良い食事が取れるのでお気に入りです。

 ウィスラーはテイクアウトのできるお店も実はたくさんあるので、外食せずに家でゆっくりしたいけど、ご飯をつくる元気はないなぁという時なんかにも頼れます。
(M.Y.)

4月15日(日)くもり時々晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain:  「World Ski & Snowboard Festival(WSSF)」最終日。 山の上ではスキー&スノーボードの来季モデル試乗会が開かれていて、これを機に気になるスキーを試乗してきました。 コースコンディションは4月とは思えないほど良く、実際にトップシーズンで使うような操作感覚をイメージして試乗できました。 中腹から下はシャバシャバっとした雪に変わり足が疲れやすいので、休みながら下山しましょう。 青空が見え日が差すと一気に暑くなり、ようやく春らしさが感じられるようになってきました。
(Y.S3.)

4月15日(日) 今日の一枚

水の上だって余裕で滑れちゃう!?
<1:20pm 撮影>

4月14日(土)くもり ひとこと日記

  4月12日~4月15日の期間中、ジュニアのアルペンスキー世界大会「Whistler Cup」が開催されています。 WSSF(ワールドスキー&スノーボードフェスティバル)と同日程のため、ビレッジは4月とは思えない賑わいを見せており、沢山のジュニアアスリート達で街全体が若返ったようです。

 日本からは国内の選考レースを勝ち抜いた16才以下の10人の精鋭たちが、世界各国のトップレーサーと極限の速さを求め競い合うため、4月11日からウィスラーに滞在中です。

 ウィスラーは元々多国籍な街ですし、大会中は更に世界中から同世代のアスリートが集結中。 選手のみなさんにとっては、色々な人とコミュニケーションをとって異文化を体感する絶好のチャンス! そういったレース以外の部分でもウィスラーを楽しんでくれると嬉しいですね。
(T.W.)